読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日替わりパッション

モバマス無課金(+微課金)Pに向けた備忘録的攻略

各種イベントの比較・走りやすさ

フェスの走り方について書いてはしまいましたが、基本的にはフロントの強化や資産の確保といった外堀を埋めてから、イベントの攻略に入っていこうとは思います。

今回はモバマスで開催されるイベントの概要、走りやすさ(リアルでかかる時間、モバマス内で必要になる資産)について考察していきます。

資産を溜めるために歩く場合、また走る時の攻略はまた別の記事で行います。

 

 

現在、モバマスで開催されているイベントは、

プロダクションマッチフェスティバル(略称:フェス、PMF

アイドルプロデュース(アイプロ)

LIVEツアーカーニバル(ツアー)

ドリームLIVEフェスティバル(ドリフ、DLF)

アイドルLIVEロワイヤル(ロワ)

トークバトルショー(トーク、TBS)

アイドルチャレンジ(アイチャレ)

ぷちデレラコレクション(ぷちコレ)

アイドルバラエティ(アイバラ)

の9種類となります。フェスSについては直近の開催が1年以上前なので除外してあります。アイバラは5ヶ月以上前となっておりますが、このまま開催しない、ということもないと思うので記述しておきます。

ただ、ロワ、アイチャレ、ドリフ、アイバラに関しては走ったことがないので、走るに向けて、の考察になります。コメントで補足や意見があればつけておいてくれると非常に助かります。

ここからは、各種イベントの軽い概説と、走りやすさについて1つ1つ解説していきます。

 

・フェス

必要なステータスは攻コス、イベントアイテムはエナドリチャージ10。

スタミナを使って勝てないと判断した相手を避けることができますが、基本的には使いません。

マッチングされた相手のプロダクションのメンバーを攻コスをつかってひたすら倒し続けるゲームです。

当然ですが、各種エナドリ(専らエナハ)は他のイベントで回収することができます。例えば、アイチャレで使うCPブレッドはアイチャレでしか回収できないので、アイチャレの準備はアイチャレでしか推し進められません。しかし、フェスの準備はアイチャレ、アイプロ…といった他のイベントでも出来ます。このため、資産の確保は数あるイベントの中で最も楽です。

走るのに使う時間も他のイベントと比較すると短いです。2ラウンドほど貼り付ければ他は参加しなくても上位圏内を目指るはずです。

また、パワー持ちの存在がないため、戦力になるアイドルが10人ほどいれば戦力としては申し分ないです。

走っているだけでファン数が増えていくので、ランクをさっさと上げてしまいたい、という方にもおすすめです。

欠点としては、上位報酬が他のイベントと比べて安くなりがちなこと、走らない場合は資産が殆ど手に入らないことでしょうか。

走ったことがない方からすると敬遠されがちなイベントだと思われますが(実際私も思っていました)、初めてイベントを走る際、簡単なのは?と聞かれれば間違いなくフェスだと私は答えます。

 

・アイプロ

必要なステータスはスタミナのみ。イベントアイテムは名称は毎回変わりますが、効果は変わりません。グッドアイテム、パーフェクトアイテムとここでは呼称します。

ひたすらお仕事をこなすイベントです。

フェスと比較すると、こちらはスタミナのみを使う、パワー持ちが多い、時間がかかる等の相違点があります。逆に、類似点はイベントで使うアイテムは他のイベントで回収できる、といったところでしょうか。

パワー持ちが多いというのは、イベント中で回収できるアイドルが多いため、その分自分で用意しなくていい、というメリットにもつながります。また、フロント10人の攻と守の値を合算したものがそのまま用いられるため、特技や属性を考慮する必要もないです。

フェスとは真逆にスタミナを使うので、イベントをこなしているだけでレベルもどんどん上がっていきます。

また、上位報酬は高値で取引されるため、各種スタドリを大量に、またフロントをある程度用意しておいてこのイベントを走り、上位報酬をフリトレで売り払い、フロントを強化して他のイベントに臨む…といったプレイングも効率的と考えられます。

走るときの欠点は、とにかく時間がかかることでしょうか。フェスであればエナハ1本を使って殴る時、1回クリックして1回ブラウザバックするだけで済みますが、こちらでスタハを1本使うのであれば、アイテム使用に2クリック、スタミナ消費に10~20クリック平気でかかります。

レベルが上がること、上位報酬が高値であることを考えると、魅力的なイベントだと思います。とにかく時間がかかることと、手に負担がかかることさえ甘受できるのであれば、フェスと並んでオススメできます。

 

・ツアー

第18回である童話公演より、イベントの形式が大きく変わりました。

スタミナを使って走ります。攻コスを使ってプロメンを呼べますが、呼ぶためにエナハを飲むのは効率が悪いかと。また、走る際も毎回プロメンを呼ぶ必要はありません(1/6が足りないのであれば、という形にはなるでしょうが…)。

他のイベントに比べると、必要になる1/6アイテムが少ないこと、攻寄り、スタ寄りのどちらでも特に有利不利を感じないこと、スタ走りがしやすいことが魅力的です。また、引換カードも存在していますが、ラウンドが終わった際に入手できるといったものではなく、自前で何枚でも用意できるので、走る際にラウンドランキングを意識しなくていいといった理由から、比較的走りやすいイベントだと考えられます。

アクセサリー報酬も走ってれば大体回収できる上、報酬自体も他では手に入りにくいアイテムが配置されています(ぷち衣装チケット複数枚、プラチケ複数枚など)。

走る際の欠点は箱が浅く、すぐエクストラへと移行してしまうこと、またエクストラから排出されるドリンクが(体感ですが)少ないことです。

 

・ドリフ

チーム戦ですが、走る際にガチガチの上位狙いのチームに入る必要は、トークやぷちコレなどと比べると薄いと思われます。敵ユニットを殴る際、他のメンバーに殴ってもらってコンボを稼ぐ…といった行為が、相手の体力がチーム戦にしては少ない関係上、狙いにくいです。というよりかは狙えません。7000位以上狙いのチームに入って自分は走る…といった感じでしょうか。

スタはそこまで必要にはなりませんが、プロメンを呼ぶ為の攻コス(各種エナドリ)の用意は必須になってきます。走ったことがないのでわかりませんが、発揮値に大きく差が出る上、チーム戦+MVPの存在からか、少ない回数で発揮値を高く出さないといけません。

19コスメダルSRの回収も、1枚は(深い)1箱目から回収するとして、2枚目をとても深い2箱目から回収するか、チーム6勝報酬で引っ張ってくるかしかありません。前者の方法は1箱目を全て開けてからリセットをかける方が効率が高いこと、後者はそもそも6勝するのが難しく、どちらの方法にしてもイベント終盤にならないと2枚目の回収ができません。

必要になる1/6アイテムも間違いなく多いので、ハッキリ言って走るのはキツいです。最初に走るのは避けた方が無難でしょう。

 

・ロワ

スタも攻コスも程々に使います。

1ラウンドで走りきれること(逆に1ラウンドで走りきるほうが効率が良い)、必要となる資産が少ないこと、スタ走りが比較的し易いことがメリットとして挙げられます。

デメリットは、箱が浅く、2箱目が存在しないので、手に入れられる資産は少ないところでしょうか。

まだ私も走ったことはありませんが(次のロワの際には走ります)、走りやすいイベントだとは思われます。

 

・アイチャレ

多くのスタと、ある程度のエナが必要になります。難易度SPのユニットを叩く必要があるため、スタドリの用意は多めに行っておきたいイベントです。

また、唯一マニーの用意が必要となるイベントです。アイチャレを走るために、単凸をしっかり行っておきたいところです。

アイプロ程ではないにしろ、スタミナを多く使うので多少のレベリングにはなることでしょう。

引換カードの存在によって、1ラウンド目を落とし、それ以降は必要な引換カードを丁度回収できるよう順位を調整していくといったプレイングが必要になります。

マニーの用意だけできれば、必要となる1/6は少ないため、単凸をしっかり行っているのであれば走りやすいと考えられます。

 

・トーク

ドリフと同じく、チーム戦になります。走る際、こちらはちゃんと上位狙いのチームに所属しましょう。コンボを稼ぐこと、パフォーマンスLVを上げることが必須になり、それに伴いチームで協力しなければ走るのもままならない…という状況がままあります。

プロメン呼びがないので攻コスは使いません。とはいえ、攻寄りは不利かと言われると、大きな差はないように感じられます。

必要な1/6アイテムは割と少なめです。ツアーと同じくらいでしょうか。

デメリットは、前述したパフォーマンスLVをの関係により、1ブロック中の1ステージで稼ぎ切らないと効率が悪い点でしょうか。このあたりはチームメンバーと相談し、走るステージを複数回に分けることで、若干効率を上げることが出来ますが、やはり1ブロックで走りきったほうがいいでしょう。また、他のイベントで必ずしも必要といえなかった、デバフ持ちのアイドルをフロントにいれないといけません。

チームでの協力と、デバフの回収というデメリットが必須ということを甘受できるのであれば、資産から考えると走りやすいイベントです。

 

・ぷちコレ

チーム戦で、上位狙いのチームに所属する必要があります。

こちらは999コンボ稼ぐ必要があること、ぷち衣装アピールチャンス時に殴らないと効率が悪いため、やはりチーム内での協力が必要不可欠…とは言いますが、夜のステージでは特に意識しなくても999コンボ稼げるチームも多いのではないでしょうか。

お仕事をして敵ユニットを召喚して…という形ではないので攻コス、スタミナともに全く使いません。レッツ単凸。

走る上でのメリットは、スタ・エナドリの用意が一切要らないこと、得られる金枠(☆3)ぷち衣装が非常に多いこと、ぷちデレラが育っていれば必要になる1/6が少ないことでしょう。また、(マッチング運が良ければですが)チーム報酬、グループ報酬の存在によって、多くの資産を得ることが出来ます。メダル関連は、1枚取りレベルであれば1箱目は全て開けられ、2箱目は2/3あたりを開けたところで終了…といったところでしょう。メダルSRは過去イベントの復刻となっているので、そこに関しては特に恩恵はありませんが、逆に言えば引けなくても全く問題はないですね。フロント10人だけ用意すればいいという点もメリットと言えます。

デメリットは走ると決めたステージは、アピールチャンスの関係で張り付かないといけない点、ぷちデレラの育成を行っていないといけない点です。それ以外に目立ったデメリットは見当たりません。

パワー持ちが存在しないところをデメリットと見るかメリットと見るかはPによって異なるでしょう。パワー持ちを回収できるだけの資産が揃っていないのであればメリットとして考えられます。

ぷちデレラの育成(最低限イベントごとに異なるステータスが上昇する属性を合わせること、金枠衣装を3人×11枠集めること)さえクリアできれば、得られる資産、リアルでの時間共に、メリットが大きく上回るイベントだと考えられます。

 

・アイバラ

2015年に新設されたイベントであり、開催回数も多くありません。

よって、今のところボーダーは低くなると考えられ、資産の面で言えば走りやすい…と考えられます。

しかし、このイベントの特異なところは、唯一両面特技持ちのアイドルが必須になる点、それを踏まえたフロントの構成が必要になる点です。正直な話、今のところ正解は見えていません。

 

 

以上、現在開催されているイベントについての概説です。

それらを踏まえ、イベントに関する比較をしてみました。

 

必要になるスタ:アイプロ>チャレ>ツアー>トーク=ロワ>ドリフ>フェス=ぷち

必要になるエナ:フェス>ドリフ>チャレ>ロワ>ツアー>アイプロ=ぷち=トーク

必要になるイベントアイテム:ドリフ>トーク=ツアー>ロワ>チャレ=ぷち

 

時間的な走りやすさ:フェス>ぷち>トーク=ロワ>ツアー>チャレ>ドリフ>アイプロ

走る上で得られる資産等:アイプロ>ぷち>トーク>チャレ>ドリフ>ロワ=ツアー>フェス

 

申し訳ありませんが、バラを走ったことはない為、除外してあります。

ロワ、ドリフ、アイチャレに関しては同様に走ったことはありませんが、走るための算段がある程度立っているため記載しておきました。

イベントを走ってみたいけど、最初はどれを走ればいいのかという問題は、これらの比較を見ながら決めるといいと思います。時間が確保できるなら得られる資産を考えてのアイプロ、そうでなければ必要となる資産が少なく、長時間用意しなくていいフェスがおすすめです。この2つで必要になる、スタとエナは他のイベントで回収できます。ぷち衣装が揃っているのであれば時間もとられず、得られる資産が多いぷちコレを走るのがいいかと思われます。